デンタルケア用品

予防診療

歯の模型と歯ブラシ

予防診療

今や歯科医は虫歯になってから通院する所ではなくなっています。

予防診療では、歯が痛くなってから治療するのではなく、痛くなる前に虫歯や歯周病などの歯の病気を予防します。そのためには、自宅で行うセルフケアや歯科医院でのプロによるケアの両方がとても大切です。

セルフケアだけでは、歯と歯の汚れを完全に取り除くことができません。歯と歯の間や歯と歯茎の間などに、どうしても歯ブラシの毛先が届かなくて磨き残しが出来てしまうからです。そして歯石は歯ブラシで取り除くことは出来ません。これが虫歯のリスクになります。取り除けなかった汚れを専用機器など使用することで、口腔内がきれいになり良い環境が整います。

PMTC(歯石除去・歯面清掃)

予防は大切です。患者さんの歯をいつも健康に保ちたい…それは患者さん自身も同じ気持ちのはず。

歯医者さんに行きたくない…そう思っている方も少なからずいるはずです。では、なぜそう思うのでしょうか?

それは治療=痛みがある、何度も通わなくてはいけない…そんな経験があると、マイナスなイメージが先行してしまうからではないでしょうか。

要は治療が本当に必要になってから、もしくはすでに痛みが出てしまってから歯医者さんに行く事になるとどうしても何度も通うことになってしまうのです。

歯の型を取ったり被せ物を作ったり…大がかりな治療になってしまうほど、時間をかけて通っていただかなくてはならない治療も増えてきてしまいます。

それは患者さんにとっても、何度も時間を作らなくてはいけない事は大変ですし、本当は行きたくないけど治療の為に行かなくてはならない…そう思うと気持ちにもより負担がかかってしまいますよね?

歯を健康に保つのに重要なのは、やはり予防なのです。虫歯も早期で発見できれば、少しの治療で済むかもしれません。そういった早期治療ができれば、より虫歯の進行を遅らせる事も出来ます。

むしろ虫歯になる前に普段ご自分では磨きにくい部分を専用の器具で掃除をして、先に薬液を塗布しておけば虫歯にすらならずに済むかもしれません。

さらに、定期的な診療を行う事で子供の場合はより正常に近い歯並びへの誘導も可能になります。どんな治療でも発見が早ければ早い程、患者さんへの負担も少なくて済むのです。

ご自分の健康な歯を保つ為に、3か月~6か月に一度の歯の健康診断・クリーニングをさせて頂けませんか?

それがPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)です。